ガムシャラな地域とのつながり~片付けの極意(神奈川県川崎市多摩区)

片付けは面倒だし大変だ。

お家を片付けるキッカケがほしい。

このようなお悩みをお持ちの方いらっしゃいませんか?

遺品整理・生前整理のプロがその極意をお伝えいたします!

こんにちは!がむしゃら遺品整理士の藤川進人(ゆきと)です!

先日神奈川県川崎市多摩区のとある地域包括センターのセンター長様からのご依頼により、代表の上野が片付けの極意!セミナーの講演をさせていただきました。

そんなセミナーをさせて頂いた神奈川県多摩区では、ご高齢者のつながりをとても大事にしていて、月に一回開催される老人会を通してコミュニティーの創出に力をいれられています。

またご高齢者の活動として、子供の下校時の見守り活動を行い、犯罪の抑止効果に加え地域の世代間交流にも活発的です。

このように多摩区のご高齢者は皆さまとても活動的なのです!

今回のセミナーでも掃除の極意を知りたい!と多摩区の皆さまはとても前向きでした。

 

セミナーでは遺品整理士として片付け前にお約束していただきたい事、片付けの極意等をお伝えさせて頂きました。

 

片付け前にお約束して頂きたいことがあります。

お片付けをするにあたって絶対に頑張らないでください!

片付けを一度にやろうとしないでください!

片付け前に収納用品を買わないでください!

 

この3点です。

 

絶対に頑張らない。

これは一見なんで?と思われる方々もいらっしゃるとおもいます。

しかし何かを頑張る!と決めて、挫折してしまう時ほど疲れてしまうものなのです。

なので決して頑張らないでください。

 

それに加えて、一度でやろうとするとこれはまたジレンマなのです。。

慣れていないお片付け。。一度でやろうとするとうまくいかず、片付けがより嫌いになってしまいます。

一度にやろうとしないでください。

収納品を買わないこと!

これは片付けをする前に収納品を買って、有効利用せずに少し片付けをした気になる方々が多いのです。

無駄はやめましょう!

以上3点がまずお片付けをする前にお約束していただきたい事です!

ではどうしたらいいのか??

 

まずは何が必要で何が不要なのか紙に書き出しましょう!

紙に書きだすことによって具体的におうちに必要な物のイメージをもつことができます!

使えるものを捨てるはもったいない、いつか使うから置いとくか。

ということが積み重なって家の中にものがあふれてしまうのです。。

どんどん書き出しましょう!

 

次に頑張らない日を決めてください!

頑張る日ではなく、頑張らない日。

頑張らないで少しだけ片付けをする日程を決め、紙に書き出した不要なものを搬出していきましょう!

 

まずこの2つの行動をすることによって、少しずつではありますが、お家の整理ができてきます。

 

 

物には想い出があります。その想い出は自分だけの想いだけではなく、様々な背景があり、家族や友人が関わっている場合もあります。

そういった物は決して捨てる必要はありません。

 

お気に入りの残したい物は残す。これでいいと私は思います。

しかし、たとえ物を捨てても想い出はなくならない。

これも本当です。

 

大事なことは、大切な家族や愛する人に本当に残したい物を残す。

ということです。

これを少し考えると、必要な物、不要な物がわかりやすくなると思います。

 

あと必要なのは疲れない程度の行動です!

 

今回の講演を通して、地域のご高齢者様たちから

頑張らずに整理をしてみるよ。

あれを残したら子供は喜ぶかなー

ですとか、片付けに対して前向きな言葉を沢山聞きすることが出来ました。

前向きな言葉が聞けてとても充実したセミナーになりました。

 

ワンズライフでは上手に愛する家族や愛する人に物を残したい!という方々にご協力させていただいております。

生前整理をご希望の方はお気軽にご相談ください。

整理のアドバイスもさせていただきます。

 

まずはお電話かメールフォームでお問い合わせください
  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 生前整理をお考えの方へ
  • 特殊清掃にも対応いたします