ガムシャラな空き家整理~空き家の危険性(神奈川県平塚市)

空き家の面白い活用法があります!

皆さんすでにご存知かとは思いますが、今日本では空き家が増え続けています。

その一番の原因としては人口の減少が上げられ、2033年にはおよそ全国の住宅の30パーセントを超えると予想されている程です。

こんにちは!ガムシャラ遺品整理士の藤川進人です。

先日、神奈川県平塚市にて遺品整理のご依頼を頂きました。

ご依頼内容は今空き家として持っている自宅を売りに出したいので整理して欲しい。とのご依頼でした。

長年放置された空き家。生活感がそのまま残っていました。

今、世の中ではそんな空き家の増加が問題となっています。

それは空き家にはさまざまな危険性や持ち主にとってのデメリットがあるからです。

例え­ば空き家を利用しての犯罪。。

犯罪の集会場に使われていたり、放火の対象となったり等大きなトラブルにつながる危険性があります。

次に空き家は維持するためのお金。

固定資産税はもちろんのこと、近年行政からの罰金も始まりました。

平成26年に空き家対策特別措置法と呼ばれる法案が設立し。倒壊の恐れがある空き家に対して行政が罰金を行ったり、強制撤去を行ったりできるようになったのです。

非常に厳しいですね。

以上の点を考えても、ただ空き家をもっていてもお金と犯罪のリスクが増え続けているだけなのです。

今までのご依頼者様もそこを懸念されている方ばかりでした。

その一方、全国各地では試行を凝らした空き家の活用法を展開しているところもあるのです!

大正に建てられた尾道のとある空き家では、当初は立て壊すはずだったものが、ロケーションの良さからゲストハウスに再生し、多くの観光客が足を運ぶように生まれ変わったり、多い事例としては空き家をカフェに生まれ変え、空き家をただ放置するのではなく再利用し地域の活性化にまでつなげるという面白い活用法を行っています。

なかなかすべての人がこのような活用法をできるわけではないと思いますが。。。

今回のご依頼者様は家の中の整理をし、解体されるとおっしゃっていましたが、色々な活用法をご検討されるのも良いかもわかりません。

使っていた何かを再生し、生まれ変わって次の世代へと続いていく。

素敵な事だと思います。

 

もし活用が難しいようであれば、ワンズライフにお任せください。

遺品を一つ一つ目視で確認させていただき、整理するのはもちろんのことですが、

解体が必要な物置や撤去に難しい木々などもしっかりと対応させていただきます。

まずはお電話かメールフォームでお問い合わせください
  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 生前整理をお考えの方へ
  • 特殊清掃にも対応いたします