ガムシャラなグループホームでの遺品整理

私が現場経験してきた中で初めてのご要望でした。

普段ご依頼者様からは、

ずっと帰ってなかった実家でどこになにがあるかわからないので貴重品を探してほしい。

返却にあたって部屋を綺麗にしたいのでハウスクリーグをお願いします。

売却予定なので、搬出時に家財や家具を傷づつけないように。

などの様々なご要望をいただきます。

しかし今回の現場はグループホームでの遺品整理ということもあり、いつものご要望とは違っていました。

それはご依頼者様が故人様と入居者を想ったとても暖かいご要望でした。

こんにちは!ガムシャラ遺品整理士の藤川進人です。
先日横浜市の閑静な住宅街にあるグループホームでの遺品整理作業の担当をさせていただきました。

今回作業させていただいたグループホームには共用スペースがあり、入居者は介護サービス、生活支援サービスを受けながら、食事や掃除・洗濯を自分たちで行い、共同生活をしているところです。 

当然個人個人のご事情もあるので、依頼者様のご要望も幅のある内容が多いです。

今回のご依頼者様からは見積もり時に
あまり重い雰囲気にならないように作業してほしい。というご要望をいただきました。

理由をお聞きすると、故人様が亡くなられたことで同じホームで共同生活しているお仲間の皆さまが元気をなくしてしまうのではないか、それでは申し訳ない、というご依頼者様の温かいご配慮のお気持ちからでした。

故人様は生前たいへん人気者だったようで、作業中に何度もお部屋に仲間の方がのぞきに来られ、そのたびにご依頼者様は明るく笑顔で故人様との想い出話をされていました。その中には片付けを手伝いたい!という方もいらっしゃいました。

作業をしていると、私どもスタッフにも普通にお声をかけて下さるなど、現場には心が温かくなるような優しい雰囲気の時間が流れていました。

ご依頼者様のご配慮は故人様にとってとても喜ばしいことで、お気持ちも晴れたのではないかなと思います。
このような大切な気持ちの詰まったご依頼を沢山ある業者の中からワンズライフに任せていただいて本当に感謝しています。

ワンズライフの現場では毎日のように様々なご要望をお聞きします。今後もサービス面はもちろんのこと、お気持ちやお心に誠実に丁寧に寄り沿うことを大切にしていきたいと思います。

まずはお電話かメールフォームでお問い合わせください
  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 生前整理をお考えの方へ
  • 特殊清掃にも対応いたします