ガムシャラな現場~今、女性遺品整理人が必要とされています。~(千葉県千葉市)

女性遺品整理士が必要だと実感しています!

遺品整理・生前整理の現場では一品一品目視にて整理をさせて頂いていますが、時にタンスやソファ等の重い物を持つ力仕事を必要とします。

しかし遺品整理・生前整理においての細かい仕訳作業や整理においては女性の極め細かやさや現場でのやわらかい雰囲気等の女性にしか出せないものが多々あります。

ご依頼者が女性の場合はなおさら実感していただけます。

今、女性遺品整理士が必要とされています。

こんにちは!ガムシャラ遺品整理士の藤川進人です!

今回の現場は千葉県千葉市のご依頼者様でした。

千葉県では高齢化が進んでいて、高齢者人口の増加率が埼玉県につぎ全国2位という驚きの数字です。

地域ごとによって高齢化率は違うようですが、房総半島から上部に掛けかけては約30パーセント以上の高齢化率というデータが出ています。

普段生活していて、高齢化だな!と実感することはありませんが、遺品整理・生前整理の業界に携わっていると感じることが多々あります。

ワンズライフでは一都三県、茨城、栃木、群馬の一部のエリアを対応エリアとさせていただいていますが、最近、千葉県のご依頼者様からのお問い合わせが他県より少し多くなっています。

こんな時、高齢化だなと肌で感じます。

今回はそんな高齢化が進む中の千葉県千葉市での生前整理のご依頼でした。

ご依頼者様からはお問い合わせの段階で女性遺品整理の上野さんをぜひ作業当日にお願いできないでしょうか?

というご要望を頂いておりました。

ご自宅に伺うと、タンスやソファーなどの大きな家財が多く、男性の力がとても必要になる現場でした。

しかし、そんな中で女性の上野をご要望して頂いたこと。

私はそのご理由がとても気になりました。

作業後にお話しをきくと、まず着物や貴金属があるので、一緒に整理をしながら色々教えてほしい。というご要望となによりご依頼者様1人女性なので女性の方がいてくれるだけで心が安心します。というご理由でした。

着物や女性用の貴金属の知識は女性の方が男性より頼りになるのはわかっていましたが、女性の存在自体で心が安心するといっていただけたのは初めてであったので、新たな気づきとともにとても嬉しい思いでした。

なぜらなワンズライフの女性スタッフは貴金属や着物類に詳しいのはもちろんですが、ご依頼者様と故人様の気持ちに寄り添いたい!という気持ちを持った女性スタッフ達ばかりだからです。

遺品整理というまだあまり知られていない業界で、また現場作業という男社会の中でこのように女性が必要とされ、ワンズライフの女性だからお願いします!といっていただけることに誇りに思います。

ワンズライフでは作業効率だけではなく故人様・ご依頼者様の思いを大切にして作業にあたらせていただきます。

また、女性ならでわの知識やきめ細かな作業によってご依頼者様・故人様の想いを整理させて頂ければと思っております!

まずはお電話かメールフォームでお問い合わせください
  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 生前整理をお考えの方へ
  • 特殊清掃にも対応いたします