ガムシャラな遺品販売~海外での遺品の形(東京都練馬区)

海外でも遺品整理という言葉が存在していました。

日本では徐々に遺品整理・生前整理という言葉が定着しつつありますが、実は海外でも遺品整理ならぬ遺品販売という形での故人様のお気持ちの整理の方法があります。

その方法はいつの日か新しい遺品整理の形になるかもしれません!

こんにちは!ガムシャラ遺品整理士の藤川進人(ゆきと)です!

先日東京都練馬区での現場の帰り道に海外でも遺品整理という故人様のお気持ちを整理するものがあることを知りました!

知った瞬間は驚きでした。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

それはアメリカで主流となっているエステートセールという方法で家財道具や不動産などを販売して搬出をする遺産整理の方法です。

日本では通常遺品を整理する際はご供養であったり、家族、親族や身内での形見分けをするのが一般的でありますが、アメリカでは相続人が残したい遺品を取り除き売却し他のものはできる限り現金化をしたいという文化だそうです。

アメリカは昔から家や家財を他人に売るというのがポピュラーであるためあまり抵抗感がないようで、ここは完全に日本との文化の違いですね。

その遺品の中でも人気なのがアンティークの家具やビンテージの小物類で、コレクターたちの中にはエステートセールによって生計を立てる人も少なくないとか。。

日本のオークションみたいな感覚ですかね。

日本で行われる形見分け、アメリカで行われる遺品の販売、まったく同じ業界で全く違う色のサービスがあるという文化の違いが面白いと感じました。

国それぞれの文化の違いはありますが、学べる事が沢山あります!

核家族化や少子化の問題で遺品が片づけられない家庭が増えているなか、こういった合理的な遺品整理の形も徐々に日本に入ってくるんではないでしょうか。

新しい遺品整理の形かもしれません!

ワンズライフでは今後もご依頼者様・故人様に寄り添ったサービスを行っていきたいと思っております。

これはどうかな?と思われる事だったとしても、まずご相談して頂きたいと思います!

まずはお電話かメールフォームでお問い合わせください
  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 生前整理をお考えの方へ
  • 特殊清掃にも対応いたします