ガムシャラ遺品整理士はじめの一歩

初めまして!

ガムシャラ遺品整理士の藤川進人(ふじかわゆきと)です。

私は年明けから、横浜・川崎にある、遺品整理・生前整理という仕事の専門企業に転職しました。

実は、去年までは某一部上場企業に所属していました。

なぜ?どうして転職する必要があるのか?
家族、友人から何回聞かれたことでしょうか。

その答えは、自分にとって遺品整理業・生前整理業界はとても惹きつけられる業界だったからです。

このブログではそんな遺品整理・生前整理業界の魅力や情報、また少しではありますが、自分自身のガムシャラな出来事を書かせていただき、遺品整理・生前整理業界の事、ワンズライフという企業を少しでも知っていただけたらと思っています!

初投稿という事もありますので、簡単な自己紹介と遺品整理士になったキッカケを話させていただきます。

私は東京都大田区生まれの24歳です。
特技はスポーツ全般。ちなみに総合格闘技を5年ほどやっていました! ※今は体も衰えましたが、2年前まではこんな感じでしたよ!↓

藤川 画像
経歴としては 
駒沢大学高等学校
駒沢大学
某人材派遣会社 就職
を経て遺品整理・生前整理の株式会社ワンズライフに転職しました。

この遺品整理業界との出会いは、格闘技にあけくれていた大学時代、トレーニング感覚で何か体を動かせる仕事はないかと探していた頃出会いました。

始めた当時は、ただ亡くなった方の遺品を片付けるんだなという軽い気持ち、引越しや荷物運びのアルバイト感覚で漠然とアルバイトに励んでいたように思います。体を動かすことが好きな私にはぴったりのアルバイトでした。

徐々に慣れてきた頃、お客さまから直接、感謝の言葉をかけてもらったことが、遺品整理士になると決めたキッカケでした。

ある日、単なるアルバイトの私に「本当にありがとう!これでようやく気持ちの整理もできました。本当にありがとう!」と何度も声をかけてもらったのです。もちろん、そんなことは人生で初めてでした。 想像以上にお客さまに喜んでもらえて感謝された経験は今でもはっきりと憶えています。

その後、大学を卒業、より多くの人をポジティブにしていきたいという想いで、人材派遣サービスの会社に就職しました。 
40名近い派遣登録の方を担当させてもらうなど、大変やりがいのある仕事でしたが、学生時代にお客さまからかけてもらった「ありがとう!」のひと言が忘れられず、もっと遺品整理や生前整理の仕事を世の中の人に知ってもらおう!もっとより良いサービスを作り上げていきたい!という気持ちが湧いてきたのです。

ちょうどその時、ワンズライフという遺品整理、生前整理の専門会社設立の話を聞き、その夢を実現させる

のは今だ!と転職の決断ができました。

まだまだこの業界には色々な想いをもっています!

これから遺品整理・生前整理業界の情報と合わせて、皆様がもっとこの業界について知っていただけるよう

書いていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

まずはお電話かメールフォームでお問い合わせください
  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 生前整理をお考えの方へ
  • 特殊清掃にも対応いたします