生前整理のご依頼時にご提案していること(神奈川県横浜市鶴見区)

ワンズライフのホームページをご覧になった神奈川県横浜市鶴見区の方(見積り対象の部屋に母親が住んでいたといわれる娘さん)から、生前整理の見積りのご依頼があって伺った際にお話しさせていただいたことですが、既にお母様は施設の方に移られているということで、残されたものは全て搬出してほしいということでした。

搬出といいましても、仏壇は母親のいる施設の方へ配送を希望されていますので、弊社のサービスのうちの一つであることをお話ししました。

更に、高年式家電や茶器・和服の関係など遺品査定士として査定させていただくことにもなりました。

また、食器や洋服などは喜んで使っていただける人に再利用してもらうことをご説明し、そのため家財全般を買取させていただくのですと話しました。
すると、おのずと仕分けの必要な量と搬出にかかる量とに差ができます。

そういったことまで丁寧にご説明することで、遺品整理や生前整理を具体的にイメージしてもらえることになり、ご本人が見積りに立ち会えない場合でも立ち会った方からご本人に、遺品整理や生前整理を的確にご説明できるようになっていただけるのだと思います。

そのために見積り時には、いついつの何時から何時までとか何人で来て作業するのかということ、どのような作業をするということ、はたまたトラックの停め方とか人の配置とかまでもご説明して、ビジョンとして浮かべていただくようにしています。

遺品整理は特になんですが、生前整理でも早めに行ってほしいのが基本だと思いますので、見積もり前には、最短でできる日にちも用意してから見積もりに向かうようにしています。

特に今回の場合、お母様は息子さんを先日亡くされたばかりで、きっと失意のうちに施設に移られたのだと思われます。

一人暮らしのお母様は息子さんを亡くされてからというものの、生活ぶりが極端に変わられてしまって、一人ではまともには生活できなくなってしまわれたそうなんです。

ワンズライフでは皆さまそれぞれのご事情を加味して、皆様それぞれが一番幸せになる方法を模索しご提案させていただきます。

まずはお電話かメールフォームでお問い合わせください
  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 生前整理をお考えの方へ
  • 特殊清掃にも対応いたします