生前整理に伴う相続問題(神奈川県横浜市鶴見区)

生活保護の8つの扶助(生活扶助・住宅扶助・教育扶助・医療扶助・介護扶助・出産扶助・生業扶助・葬祭扶助)が充実している神奈川県横浜市鶴見区で、ずいぶん前に亡くなった親御さんの遺品整理とご自分のものの生前整理のご依頼でした。

築70年ほどの一戸建てでしたので、歴史を感じるものが沢山あり、開かずの扉や使わなくなった物置などには70年の間に蓄積されたものが詰まっていました。

雨漏れで漏電を起こしていて、原因を起こしている個所も掴みきれないので、移転をされた後の整理をしてほしいというご依頼でした。もうここには二度と戻ってきたくないと頑なにおっしゃるので、2日間にわたる遺品整理・生前整理の作業の後聞いてみると、そこにはどろどろとした相続の問題も絡んでいるからというのです。

ご依頼者様はこの家の長男の方で、この実家で暮らしていたわけですが、弟様がすぐ前の家に住んでいらっしゃるとのことです。

親御さんが亡くなったときの相続は、一見何の問題もなく終えられたということですが、最近になってその弟様に実家の土地の名義が替えられていることに気づかれたということなのです。

ご兄弟の間では骨肉の争いの裁判沙汰にまで及んだ争いとなってしまったそうなんです。

ずっと弟様のことは何かにつけて面倒をみて、かわいがっていたそうです。その弟様に裏切られた形になってしまった今回の件では、どれほどの心痛があったことでしょう。

顔を合わすのも嫌だからという意味なのでしょう「もうここには、二度と戻ってきたくない。」という言葉に表れています。

ご依頼者様からは「何もいらないから。」とは言われましたが、これまでも何度も、そういわれたご依頼者様はいらっしゃいましたが、押し入れの奥とかもう何年も見ていないところから出てきた、何代も前の写真とかを見つけて差し上げればやはり「見つけてくれありがとうございます。」と喜んでいただいております。

そういったところは、専門会社としてのところだと思います。

今回も胸のつかえをひとつ取り除いてあげれたかと胸をなでおろして作業を終えさせていただきました。

まずはお電話かメールフォームでお問い合わせください
  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 生前整理をお考えの方へ
  • 特殊清掃にも対応いたします