孤独死の第一発見者がご依頼者さま!(千葉県市川市)

本日のワンズライフへの遺品整理のご依頼は、千葉県市川市からお姉さまが孤独死をされていたところを第一発見者になられた方からでした。

千葉県市川市の人口は約47万人であり、お隣の千葉県松戸市の人口も約48万人となっています。

私の推測にはなりますが、市川市では年間、孤独死でお亡くなりになっている人たちは約200人程いると推測しております。なぜなら松戸市で孤独死されている方が約200人程いらっしゃるという昨年のデータがあるからです。

部屋の中で亡くなられていますと、事件扱いとなります。

病死であっても”変死事件”となりますので警察の方からは執拗な聞き取り調査があります。

 

12963681_1776526992597044_2559289103336781840_n

本日の遺品整理まで泣いている時間もなかったといわれてましたが、お部屋の片づけが済み何もなくなった部屋を見られた時には、と張りつめていたものが一気に取れてしまったのか、かなりぐったりされていた様子でした。

 

第三者である私たちには掛ける言葉もないくらいですが、「これまではやることが沢山あって気が張っていたと思いますが、今日は家に帰ったらホッとしてどっと疲れが出ると思いますので、早めにゆっくりとお休みください。」と申し上げました。

 

ただでさえお姉さまの最期を見つけられて気持ちに余裕のないところに、遺品整理の際にご依頼者様も予想だにしていなかった人のお骨まで出てきたものですから、あわゆくパニックになりかけたほどの驚きようでした。

 

少し落ち着いてから考えると亡くなられたお姉さまの元の旦那様だということでした。
ただ、お姉さまからは埋葬したと聞かれていたようなので、それで大変な驚きようだったのでした。ワンズライフでは、例えば身寄りのない方とかご遺族様の方で引き取れないといわれるご位牌・お骨であっても永代供養していただけるお寺さんをご紹介できますので、有料にはなりますがご依頼者様のご希望があれば、お預かりするようにしています。

 

これまでに数件のご依頼がありました。
孤独死の場合は、様々なケースの問題が発生いたしますが、そこには取り扱った経験がないと自分の方が慌ててしまって間違った判断を下してしまうということにもなりかねませんので、経験豊富な業者を選びたいものです。

 

そこへゆくとワンズライフには私をはじめ経験豊富なスタッフが揃っていますので、安心してお任せいただきたいものです。

まずはお電話かメールフォームでお問い合わせください
  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 生前整理をお考えの方へ
  • 特殊清掃にも対応いたします