見積り時にご遺族の方に提案!事前の整理アシスタントとは?(埼玉県さいたま市)

神奈川県横浜市にお住いのご遺族様から、埼玉県さいたま市の実家(一戸建て)の遺品整理したいということで、お見積りのご依頼を受けました。

家は解体して更地にしてから売却したい、というご希望でした。

売却の話は進んでいるということでしたので、いよいよ家財を出さないといけなくなっているという状況です。

ただ、家財が多くて手を付けるにしてもスペースがなくて手が付けられていないということです。

そこで、タンスの中や押し入れの中を見るためにも、

①スペースを作るために床に置いてある完全に要らないものからの搬出を提案します。

②次にすぐ片付けられる家具を運び出します。これである程度のスペースができるので、ここからはご遺族様方で形見分け捜索ができるようになりますから。

③段ボールをいくつか用意して、種類別に分けて必要そうなものを入れていきます。最終的な判断はまだ行わないので、”必要そうなもの”程度の認識で入れていきます。

この③の作業の時間はご依頼者様にも都合があるので、十分に取ってあげることにします。

ご希望があればこの③の作業の時にも一人お手伝いと目利きに寄越してもよいです。

ここまでの作業を、遺品の搬出の前に行っている業者さんは聞き及びません。

しかし、これをしないと、遺品整理作業の当日にご依頼者様がタンスの中を一つ一つ見ていくというようなことになってしまって、慌ただしいものだから大事なものを見落として、後になって「あそこにこんなものがあったはずなんだけど・・・。」というようなことになっていったりします。

そういうことを回避するためにも、遺品整理作業の前に納得いくまで形見分け捜索をしてもらい必要があるのです。

以上のようなことを遺品整理の見積り時に提案させていただきました。

お客様は遺品整理が初めての方がほとんどなので、専門会社であるワンズライフのからアドバイスして差し上げなければならないことだと思いますので、今後もご提案させていただくことにします。

まずはお電話かメールフォームでお問い合わせください
  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 生前整理をお考えの方へ
  • 特殊清掃にも対応いたします