遺品整理士の仕事をして人様に喜ばれるということ(神奈川県横浜市・川崎市)

横浜・川崎を中心として関東一円で遺品整理士の仕事をしています。以前から私なりに仕事をする上で大切に思っていることがあります。それは対価を払うお客様は私の仕事に何を求めているのかを常に考えるということです。

遺品整理・生前整理をプロに依頼するお客様の満足はどこにあるのかを徹底的に想像する。そこに今まで培ってきた遺品整理士としての経験が加わると、ほぼ高確率でご依頼者様の期待するサービスの上をいくことができます。これこそお客様が「プロに頼む=お金を払う」という意味なのだと思っています。

私は「世のため人のため」「献身」ということを子供の頃から言われ続けてきて、これまでの人生で常に私なりに実践もしてきました。そのおかげで今、何の抵抗もなく遺品の整理や事件現場の清掃など、人のためのなにかを行うことができていると思っています。

誤解を恐れずに言ってしまえば、人に喜ばれるということは”病みつきになる快楽”です。こんな文章を素直に大真面目に書く私は変人かもしれませんね。たぶん一生を通じて変わらない生き方だと思います。また、こうも思います。「長く生きられるかどうかわかりませんが、明日終わったとしても、それが自分に与えられた寿命なのだから、 それまで一生懸命生きていこう」と。「与えられた世の中に対する自分の役割を全うしよう」と。

すると人生から苦痛が無くなります・・・とは言っていますが、私も凡人なので全く苦痛が無くなるわけではないです。それでも、鬱になることはありません。素晴らしいことです!生きているだけで幸福を感じれるのです。どんなにつらくても自殺をする人の感覚は本当に判りません。

どこの世界にも”プロ”はいます。私は人ができないことを、いつでも同じようにできてこそ”プロ” と考えます。人に喜ばれることは、”快楽”なわけですから、モチベーションが下がることはありませんし、人間は欲深いので、さらなる快楽を得ようと努力も惜しみません。サービス業のみなさんって、そうじゃないんですかね。 だからサービス業を選んでいるんじゃないでしょうか?

そうはいっても、ボランティアだけでは食べていけませんし、そもそも会社が存続できなければ、お客様に喜んでもらえるサービスの提供そのものができなくなります。それは世の中の損失だと思うのです。

だから私自身は価格競争は意味がないと思っていますし、正当な対価をそれなりにはいただきますが、お客様の想像以上、期待を超える仕事を提供し続けるための努力と勉強は欠かしません。ですから必ずご満足いただけると自負しております。

ご依頼者様を想い、故人様を想い、誠実に行っていれば、またそう思える人と一緒に進んでいければ、サービスの質は充実してくること間違いなしです。

 

Copyright (C) 2016 株式会社ワンズライフ All Rights Reserved.

まずはお電話かメールフォームでお問い合わせください
  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 生前整理をお考えの方へ
  • 特殊清掃にも対応いたします