がむしゃらな発見~遺品整理の現場にて~

想いでのアルバムが見つからないので探してほしい。

この家の登記簿がどこかにあるはずなんですが。・

ご依頼者様からはこういった様々なご遺品の捜索依頼をいただきます。

他にはアクセサリー、身につけられていた物、卒業証書、おもちゃなど

私たちワンズライフはこういった想い出の詰まったご遺品を丁寧に扱い、ひとつひとつ目視で仕分け、捜索することを心がけております。

それもご遺族にとっては全てがご遺品であり、形見であり、思い出の品だと考えているからです。

このように、ご依頼様から捜索をお願いされることも多いですが、ご依頼様も想定されていない物が想定されていない場所から発見されるケースもあります。

その中で一番多いのが現金や貴金属です。

私が現場責任者としてお任せいただいた遺品整理の現場でした。

ご遺品にはリサイクルさせていただく大量のお洋服や食器

生前に踊りの師範をされていたということもあり、和服や踊りに使われる道具

いつも通りに丁寧な仕分けと安全な搬出を心がけながら作業を進めていきました。

作業も半ばにさしかかった頃、タンスの裏から小さい金庫が2つ見つかりました。

この金庫はご依頼者様も認識がなく、中身も確認されていない状況でした。

初めご依頼者様からは

[金庫の中身はなにもないから、そのまま捨てて大丈夫です。]

とお伝えいただいていました。
しかし、何かあってはいけないと思い、念のためご依頼者様立会のもと金庫を開けさせていただきました。

金庫の中にはなんと1億円の現金が。。。。

もうひとつの金庫にも1億円がはいっており、計2億円の現金がご自宅から発見されました。

この発見にはご依頼者様も含めスタッフ全員が生涯で一番驚いたと口を揃えて言っていました。

この2億円の発見は日経新聞様でも取り上げていただき、ワンズライフとしても隅の隅まで何かがあるかわからない。という意識を再度もたせてくれるキッカケになりました。

私たちが今まで行ってきた【隅々まで確認する】という作業が、今回の2億円の発見につながったと現場責任者として体感できたことは、とても充実感がありました。

あの想い出の品を探して欲しい。どこに何があるかわかない、どこから仕分けしたらいいんだろうか。

沢山のご不安の中ご自身で片づけられる方も多いと思います。

もちろんご自身の目で確かめられたい箇所は見ていただくことをお勧めしますが、それ以外のご自身では仕分けが難しいところに関しては、安心してお任せいただければと思っております。

ワンズライフではお客様がご遺品の扱いに関してご安心していただけるように

ひとつひとつ目視で仕分け作業をおこない、大切なご遺品を守ります。

まずはお電話かメールフォームでお問い合わせください
  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 生前整理をお考えの方へ
  • 特殊清掃にも対応いたします