関東のベテラン遺品整理士ブログ

私のお客様に対しての姿勢

お客様に初めてお会いするときから、1にも2にもお客様が何を求めているか、どうしたいのか、どうなっていきたいのか、1日も早く安心していただくためには何をしたらいいのかをなるべくお客様の負担にならずに済ませるにはどのようにご...

ワンズライフで3期目を迎えて思うこと

ワンズライフはおかげさまで 昨年2期目を満了し、3期目を迎えることができました。 そして、更にここに新しく平成30年を迎えることができたわけですが 思いかえしてみると ワンズライフでは初めから全くの手 探り状態ではなくは...

特殊清掃費用の保険適用について

全国的に突然死をされる方が増えてくるのが、6月頃からになります。 冬のヒートショック、春秋の自殺と季節によって不思議と原因に特徴が出るようです。 夏のこの時期は人体が腐敗してしまうまでの時間が短い(約4日で腐敗が進んでし...

部屋を片付けられないおじいちゃん

包括支援センター様からとか、または直接ケアマネージャー様から「困っているので助けてほしい。」というご依頼をよくいただきます。 お年寄りの中には環境が変わることを嫌がる人がいます。 汚れていても散らかっていてもそこが自分の...

特殊清掃が必要な変死事件現場に呼ばれたら

夜の9時頃に東京の小平市で孤独死現場の見積のご依頼がありました。 半年ほど前に電話で話して以来の妹さん(40代)が部屋で亡くなっていたのが発見されたということで、警察からも今日許しが出たから見てもらいたいということでした...

親の家とのお別れに掃除作業をするということ(世田谷区)

遺品整理のご依頼でお掃除・ハウスクリーニングをさせていただく際、ご依頼者様によっては子供のころ親と一緒に住んでいた家であったり、ずっと一人暮らしをしていた親の兄弟(おじさんやおばさん)の家であったりと様々なご依頼者様側の...

事件現場特殊清掃の事例研究 -ご遺族の負担ー(賃貸マンションの場合)

港区の43階建ての高級マンションの29階での自殺案件による特殊清掃でした。 ご夫婦とお子様3人でお住いの賃貸マンションです。 うつ病を患ってらしたの旦那様が自傷自殺をされ、警察からの許可が出たので見に来てほしいというご依...

父親名義の一戸建てで母親が存命の場合のご相談

ご依頼者様のお父様が亡くなったので、遺品整理をしたい。というご依頼でした。 相続人は配偶者の方(ご依頼者様のお母様)とお子様が二人になります。お一人は長女の方(ご依頼者様)であと一人は長男の方(ご依頼者様の弟様)なのです...

故人様 ご依頼者様のためにできることは何かを考える

遺品整理・生前整理・特殊清掃を1000件させていただいて、改めてご依頼者様のために専門業者として何が求められているのかをご依頼者様の立場になって考えます。 例えば親が亡くなって親のものを遺品整理をすることになった場合に、...

人それぞれに故人様への思いが違います。聞き取りが大切です。

世田谷区の遺品整理現場でのことです。 親への想い、特に男性には母親への想いが強い方がいらっしゃいます。 写真や手紙はもとより、短歌や詩歌を嗜んでいた母親の随筆・メモのほか直筆のものは全て残しておきたいというご希望でした。...