空家整理について

空家

法整備で高まる空家整理のニーズ。
オーナー様はもちろんのこと不動産業者さま、司法書士さまのご依頼も承ります

高齢者の増加によって、対力的に家の管理ができない、少子化が進み家を管理する人がいない等、
日本社会の抱える問題は、昨今「空家問題」にも波及しており、空家整理のニーズが非常に高まっています。

今後は空家措置法に則って防災、衛生、景観等の対策が進むとともに、固定資産税でも空家の税額を住宅の6倍にする措置が取られるため、空家整理のニーズが高まると思われます。

遺品整理と同様、豊富な経験とノウハウを持つワンズライフにお気軽にご相談ください。
オーナーさまが持ち出しなしで不動産を売却するスキーム等もご用意しております。
また不動産業者さま、司法書士さまなどからのご依頼も歓迎いたします。

日本は超高齢社会へ

わが国では核家族化が進み、広い家に大家族で暮らすというよりは、少人数がコンパクトな住まいで暮らすスタイルが主流になりました。さらに昨今は少子高齢化が進み、近い将来、国民10人中4人が65歳以上という超高齢社会になることが予想されています。しかも日本では人口減少がすでに始まっています。

増加の一途をたどる空家

このような時代になると、住む人が亡くなることで空家が増加し、
それが再利用されずに廃墟化するという事態になりがちです。
それを防ぐためにも、住む人がいなくなった空家については管理者が明確なうちに
家財道具や生活用品をきれいに引き払うようにしたいものです。
しかし現実には古い物件でそれらが放置されている状況にあります。

総務省統計局の発表した平成25年の空き家の調査結果をみると
着実に増加していることがわかります。

■空き家数は 820 万戸

5年前に比べ, 63 万戸(8.3%)増加

■空き家率(総住 宅数に占める割合)

13.5%と 0.4 ポ イント上昇し,過去最高

と、確実な上昇を見せており、2033年には空き家の総数が
約2,150万戸まで上昇するとの予測を野村総合研究所も発表しています。

グラフ

家屋の廃墟化が進む

本来であれば家屋は住む人がいなくなった時点で家財道具や生活用品を搬出し、次世代の利用に備えなければなりません。それが放置されている現状は家屋の廃墟化につながり、防災、衛生、景観等の面から地域社会にとって看過できないものとなります。

8月31日は『空き家整理の日』

長年放置されている空き家は火災、倒壊、窓ガラスの破損、異臭、犯罪の原因になりやすくなります。

強烈な異臭を伴ったり、庭が荒れ放題で長年放置状態の家屋は街の外観を損なうため、ご近所とのトラブルに発展するケースも珍しくありません。実際に放置状態の家屋が倒壊したことにより、通行人が大けがをしたケースや看板が崩れ落ちて駐車していた車が大破したケースもあります。

『空き家が隣家へ向かって倒壊し、隣家が全壊しその家に住んでいた方が死亡した場合』の損害額は億単位の損害が発生するのです。平成27年2月26日に施行された空き家対策特別措置法は、同年5月26日から完全施行されました。

空き家対策特別措置法が完全施行されたことにより空き家のオーナー様も「知りませんでした。」では済まない時代です。
しかも古い空き家であるほどすぐに対応が求めらるほど緊急性も含んでいます。
もはや、空き家のオーナー様は社会的に対応しないとならない時代であることくらいは自覚しておく必要があります。
夏は生モノが放置状態であると強烈な異臭を放ちます。秋にかけては乾燥している空気のため火災の原因にもなりやすい時期です。

ワンズライフは一般社団法人 日本記念日協会から8月31日を「空き家整理の日」として認定をもらい、空き家整理問題の大切さを啓蒙することを大事にしています。

空き家放置で起こる問題点

放火による火事、火災
火災原因の2割は放火です。空き家状態は犯罪者の的にされてしまいます。

台風、地震による半壊・倒壊
半壊、倒壊、看板の落下、窓ガラスの破損、瓦の落下による通行人や近隣の家が被害を被るなどが懸念されます。例えば通行人に看板や窓ガラスが落下したことが原因で死亡してしまった場合は億単位での損害賠償と試算されています。

 

犯罪組織の利用
長期にわたる空き家状態は犯罪の温床にもなりえます。実際、空き家状態に目をつけた犯罪組織が違法薬物の製造などを行い事件に発展したケースもあります。

 

荒れ放題の庭
空き家状態は家屋だけでなく、庭が荒れ放題になっているケースが多いです。外観を著しく損ない、ご近所とのトラブルに発展しているケースも少なくありません。

 

害虫の大量発生
空き家内にナマ物などが放置している場合は長年放置されていることにより害虫が大量発生している場合もあります。

 

不法投棄
空き家状態に目をつけ、ゴミや不用品を廃棄する不審者・違法業者に侵入されてしまうケースもあります。

 

子供達の遊び場
老朽化した空き家へ子供達がかくれんぼなどの遊びをするために侵入し、家屋内で危険な目に合い、空き家オーナーと子供の親がトラブルに発展したケースもあります。

空家措置法の効力に期待

そこで政府は空家等対策の推進に関する特別措置法(以下空家措置法という)を平成26年11月27日に公布し、国土交通省が対策に乗り出しました。これは適切に管理されていない空家等が防災、衛生、景観などの面から地域に不安を与えていることに注目し、それに対して対応を進めようというものです。この法律では倒壊等著しく危険となるおそれ、衛生上有害になるおそれがあり、景観を損なう状態、周辺の生活環境の保全を図るために不適切な状態の空家を特定空家として、立入調査、指導、勧告、命令、代執行などの措置を講じることができるようになりました。

空家整理とその流れ

誰も居住していない家屋に、家具や荷物だけが残され、日が経つにつれて埃が積もり、だんだん家も傷んでくる・・・それは荒れ果てた情景です。家の所有者や管理者の方は、そうなる前に空家整理をしておくべきでしょう。では、空家整理とは具体的にどのようなことをするのでしょう。


STEP1
電話
0120-76-9550
メールはこちらから
STEP3
契約書

STEP4
ミーティング

STEP5
準備作業

STEP6
仕分け

STEP7
搬出

STEP8
清掃

STEP9
作業完了

まずはお電話かメールフォームでお問い合わせください
  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 生前整理をお考えの方へ
  • 特殊清掃にも対応いたします