遺品整理や片付けで不要になった洋服・古着おすすめの寄付先一覧のイメージ画像

遺品整理や片付けで不要になった洋服・古着おすすめの寄付先一覧

片付けや遺品整理の最中に一苦労するのが、不用品の処分です。一つずつ細かく分別しなくてはならないため、非常に手間がかかります。しかし、一見ゴミと思われる物の中にも、まだ利用できるものはたくさん残されているのです。特に、私たちが生活の中で身に着ける衣類は海外でリサイクルされ、その収益はワクチンの購入や学校の設立などに充てられています。今回の記事では、世界の誰かの役に立つ、洋服・古着の寄付先をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

洋服の寄付先一覧

1.JFSA

    • 団体名
    • 特定非営利活動法人 日本ファイバーリサイクル連帯協議会

    • 支援内容
    • スラムに暮らす子どもの自立を支えるため、日本国内にて古着や毛布、バッグなどを回収し、古着のリユース販売を日本とパキスタンで行なっている。

    • 対象品
    • ポロシャツ・ワイシャツ・Tシャツ・カジュアルシャツ、ブリーフ・トランクス・半袖・ランニング、ブラジャー・ガードル・ボディスーツなど(中古可) 靴下(大人・こども可)、パジャマ等(新品のみ)

    • 対象外
    • 対象品以外のもの

    • 利用方法・料金等
    • ビニール袋などに寄付品を入れて元払いで団体に発送する。ダンボールでの発送は不可なので注意しましょう。

    • ホームページ
    • http://jfsa.jpn.org/

 

2.フルクル

    • 団体名
    • 認定特定非営利活動法人 ブリッジ エーシア ジャパン

    • 支援内容
    • 寄付された古着などをリサイクル業者に売却し、 その収益をミャンマーでの学校建設や井戸掘り、ベトナムでの環境保全、収入向上支援活動に充てる。

    • 対象品
    • 対象品以外のもの

    • 対象外
    • 制服、学生服、作業着、着物、誰かの氏名、社名や学校名が入ったもの等。

    • 利用方法・料金等
    • ダンボールか紙袋等に寄付品を梱包して、元払いにて団体に発送する。

    • ホームページ
    • https://www.baj-npo.org/furukuru.html

 

 

3.いいとこショップ

    • 団体名
    • 一般社団法人 いいとこファーム

    • 支援内容
    • 各種支援団体を通して寄付された品を全世界にリユースしている。

    • 対象品
    • 購入時の箱や説明書が無くてもOK。衣類は洗濯のみでもOK(クリーニング不要)。衣類のタグに名前が書いてあってもOK。下着、寝間着やパジャマ等は、新生児〜未就学児までの物であればOK。

    • 対象外
    • 使用済みの肌着、靴下、タオル

    • 利用方法・料金等
    • 寄付の方法は「段ボール1個につき100円を寄付」するか、または「品物を検定して多くの金額を寄付する」かの2タイプから選ぶことができます。送り先は、札幌市、相模原市、東大阪市、神戸市の集荷先から選べるほか、日本赤十字、公益財団法人日本ユニセフなど、寄付先も選ぶことが可能。全国4か所いずれかの集荷センターに元払いで寄付品を送付します。事前申込は不要です。

    • ホームページ
    • https://eco-to-ship.jp/

 

4.認定特定非営利活動法人 日本救援衣料センター

    • 団体名
    • 認定特定非営利活動法人 日本救援衣料センター

    • 支援内容
    • 衣料品と海外輸送費の寄付を受け、依頼主・関連団体を通して世界各国に寄贈している。団体に発送するほか、全国で開催される衣料品収集会場に持ち込むことも可能です。

    • 対象品
    • 新品のみ:下着、靴下、パジャマ、タオル、その他
      洗濯済み(シミ・傷無し):ズボン、ジーンズ、Tシャツ、ポロシャツ、ワイシャツ、トレーナー、セーター、ブラウス、カーディガン、ジャンパー、オーバーコート、その他
      企業制服:ブラウス、カーディガン、作業着は新品のみ対応可能です。

    • 対象外
    • スーツジャケット、ブレザージャケット、スカート、ワンピース、和服、ベビー服、ベビー用品、その他

    • 利用方法・料金等
    • 寄付品を段ボール又は紙袋に入れて団体に元払いで発送する。海外輸送費として、衣料品10㎏までにつき1500円を指定口座に振り込むことも必要。

    • ホームページ
    • https://www.jrcc.or.jp/

 

5.ワールドギフト

    • 団体名
    • ワールドギフト国際社会支援推進会

    • 支援内容
    • リユース・再資源化によって発生する収益により、国連WFP、国境なき医師団、世界自然保護基金ジャパンなど、国内外で活動する団体への寄付・支援を行っている。

    • 対象品
    • 古着類、洋服、子供服、ベビー服、帽子、ベルト、その他

    • 対象外
    • 再利用が出来ないもの

    • 利用方法・料金等
    • 問い合わせフォームまたは、集荷お申し込み専用ダイヤルにて電話をかけ、集荷受け付けを行った後に、元払いで団体に寄付品を発送する。

    • ホームページ
    • https://world–gift.com/

 

6.セカンドライフ

    • 団体名
    • 認定特定非営利活動法人 グッドライフ

    • 支援内容
    • 国内で需要のあるものは、国内でリユースや寄付を行い、リユース・リサイクルの難しいものは海外リサイクルに回したり、国内の希望施設に寄付したりされています。また、引取料金の一部は、ポリオ・ワクチン募金として、発展途上国の子供達に寄付されています。

    • 対象品
    • 普段着 シャツ、ズボン、ジーンズ、ジャケット、スーツ、礼服、つなぎ、作業着、エプロン、コック服、制服、子供服、マタニティ、肌着、その他

    • 対象外
    • 対象品以外のもの

    • 利用方法・料金等
    • 専用サイトで受付を行い、160サイズ以下の大きさの段ボールで、元払いで団体に寄付品を発送するか、団体から有料で段ボールなどを取り寄せて、衣類などを詰め込んでお送りいただきます。

    • ホームページ
    • https://www.ehaiki.jp/second/

 

7.古着DEワクチン

    • 団体名
    • 日本リユースシステム株式会社

    • 支援内容
    • 不用品を発展途上国に販売し、売上金の一部をワクチンとして寄付している。

    • 対象品
    • 衣類全般、バッグ、装飾雑貨 その他

    • 対象外
    • 破損等により商品にならないもの

    • 利用方法・料金等
    • 専用サイトから「古着deワクチンキット」を3,000円(税別)で購入し、団体に寄付品を発送する。特典として贈られる協賛クーポンを使うと、各協賛企業のサイトで買い物ができる。

    • ホームページ
    • http://www.etsl.shop/

 

8.フクサポ

    • 団体名
    • 株式会社Kurokawa

    • 支援内容
    • 衣料をリユースした資金をカンボジアの地雷やラオスの不発弾撤去、またウガンダの元子ども兵社会復帰支援センターの給食に充てるなど、テラ・ルネッサンスの支援活動に多く役立てられている。

    • 対象
    • まだ着用できる衣料は全般OK。

    • 対象外
    • 制服や体操服、企業名の入っている作業着、不衛生な衣料(カビ・虫食い・未洗濯・血液などの付着・大きなシミ汚れなど)、破損や劣化で商品として使用が出来ないもの。

    • 利用方法・料金等
    • インターネットで申し込んだ後、120~160cmサイズ以内(タテ、ヨコ、高さの合計)の段ボールに梱包し、着払いで団体に寄付品を発送する。ただし北海道・沖縄・離島及び、120~160cmを超える場合は元払いで送って下さい。

    • ホームページ
    • https://fukusapo.com/

 

9.ユニクロ・ジーユー全商品リサイクル活動

    • 団体名
    • 株式会社ユニクロ

    • 支援内容
    • ユニクロ・ジーユー店舗で回収した服をリユースして活用し、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)や世界各地のNGO・NPOとともに、難民キャンプや被災地への緊急災害支援サービスなど、世界中の服を必要としている人たちに届けている。また、リユースしない服は燃料やリサイクル素材として活用されています。

    • 対象
    • ユニクロ・ジーユーの商品のみ対象

    • 利用方法・料金等
    • 全国のユニクロ・ジーユー店舗に回収用のリサイクルBOXを設置。

    • ホームページ
    • https://www.uniqlo.com/jp/sustainability/recycle/

 

10.H&M 衣類回収プログラム

    • 団体名
    • H&M

    • 支援内容
    • まだ着られる衣類は、全世界で古着として販売。着られなくなった衣類の中でも状態の良い物は、リメイクコレクションや清掃用品など、別の製品に作りかえられて再利用される。再着用・再利用できない布地は、織物繊維として使用するか、自動車業界で制振材や絶縁材などに利用されている。

    • 利用方法・料金等
    • 全国のH&M店舗に回収用のリサイクルBOXを設置。

    • 対象
    • ブランドや状態を問わず、無料で引き取っている。

    • ホームページ
    • https://www2.hm.com/ja_jp/ladies/shop-by-feature/16r-garment-collecting.html

 

限られた資源を最大限に有効活用

長年使ってなくて、捨てる予定の衣服はありませんか?押し入れやクローゼットを開けると、たくさん見つかったという方も多いでしょう。
 

衣服の材料は大切な資源です。
世界中でリサイクルすることにより、地球環境に優しく、誰かの支援もできる。今後とも、ぜひ率先して取り組んでいきたい社会貢献活動ですね。
 

ただし、着ることができない服を対象外としている団体もあります。
そのような際には、自治体が行っている古布の回収に出して捨てる等、できるだけゴミにならないように工夫をしていきましょう。
 

また、洋服を郵送する場合には、あらかじめ送料がどれくらいかかるのかを確認しておくことが大切です。指定の袋や箱などがあるかも確認しておきます。

衣服の寄付というボランティア活動にご協力いただくことが、遺品整理と片付けにも大きくつながるので、ぜひ積極的に行っていきましょう。

この記事を書いた人
One's Ending編集部
関東の遺品整理専門会社(株)ワンズライフのメディア編集部です。 遺品整理、生前整理、空家整理に関することから、終活、相続税に関することまで。人生のエンディングにまつわる、役に立つ情報やメッセージをお届けしていきます。
ワンズライフ公式サイトはこちら 無料見積もりはこちら

ワンズライフのサービス

  • 遺品整理
  • 生前整理
  • 空家整理
  • 無料見積り
  • 取材・講演会お問い合わせはこちら

SNSで記事更新や最新情報をチェック!

お役立ち情報を配信 人気記事をもれなくチェック

ワンズライフのサービス

  • 遺品整理
  • 生前整理
  • 空家整理
  • 無料見積り