遺品整理業者は胡散臭い!?のイメージ画像

2020.03.17

遺品整理業者は胡散臭い!?

「遺品整理業者はどこか胡散臭く感じる…。」という方もいるでしょう。
その背景を見ると、高い確率で悪徳業者の存在があります。
この記事では、人が遺品整理業者を利用する際に抱える不安、実際に業者へ依頼してトラブルが起きた方の事例、優良業者の選び方や相場についてご説明いたします。

人は遺品整理業者を利用するときに感じる不安の正体とは?事例もご紹介

これまで、皆さんから頂いた数多くの質問にお答えしてきました。
そこで遺品整理をしようとする方々には、「漠然と感じておられる不安」が大きく分けて2種類あることに気が付いたので、事例と共にご紹介いたします。

①第一の不安…家に他人を入れることへの警戒する気持ち

まず、第一の不安として「当日までどんな人が来るのか分からない」「強引な対応をする人が来たら嫌だ」といった、家に他人を入れることへの警戒する気持ちが出てきます。

こちらはとある町内会での講演に呼んで頂いたとき、耳にしたお話です。
ある女性の方が、「そろそろお父さんの遺品整理と私の生前整理をしようかしら?」と思い立ち、チラシを見て遺品整理業者に電話をかけます。
しかし、実際に自宅へ来てもらうと、貴金属や骨とう品、またブランド物等を専門で取り扱っている不用品の買い取り業者でした。
その日はどうにか帰って貰えたけれど、後日に何度も「何か売るものありませんか?」と電話がかかってきて、本当に怖かったそうです…。

上記のように、自宅という本来は安心安全で大切な空間へ見知らぬ他人を招き入れるのは、抵抗があるという方も多いでしょう。
また、遺品整理サービスを提供すると広告していても、呼んでみたらサービス内容が違ったというような業者が一定数存在しているのも事実であり、私たちは優良な業者を自分で見極めて選ばなければなりません。

②第二の不安…遺品整理の品質にかかわる3つの懸念

第二の不安としては「料金を水増しして請求されるのではないか」「ゴミの不法投棄心配」「個人情報が外に漏れないか」といった遺品整理の品質にかかわる懸念になります。

これはその業者、企業のモラルや理念といったところまで深掘りしていかざるを得ませんが心配は不要です。今後はこのような懸念を払拭するポイントを少しずつお伝えしていきたいと考えています。

 

安心して利用できる優良な業者の選び方

遺品整理業者に関する知識をきちんと把握し、安心して任せられるプロの業者を選んでいただきたいと考えています。
下記のポイントを意識すると、悪徳業者に依頼して困り果ててしまうような可能性は少なくなるでしょう。

①故人や遺族に対して、こころ遣いがある

優良業者は電話やメールで見積もりの予約を行うときから、作業の流れや料金等を丁寧にわかりやすく説明をしてくれます。質問や相談にも誠実な対応をしてくれるのが特徴です。
また、お客様の意見にもできるだけ応えようとしてくれるため、何かご要望のある方は見積り時に来た担当者に聞くのが良いでしょう。一つ一つの対応を見ることで、ホスピタリティがある業者なのかを判断することが可能です。

②インターネットで業者の評判や口コミを確認する

インターネットを活用すれば、全国各地の業者の評判や口コミを確認することができます。
実際のお客様の声を聴くことができるので、「業者へ来てもらったけど対応に満足できずお断りしてしまった…。」というように、貴重な時間を削ってしまうことも少なくなります。
もし依頼したい場合は、故人の居住地が業者の作業エリア内に入っているかを注意して見ておきましょう。

③遺品整理士の資格を持つスタッフが在籍している

遺品整理士の資格を持つ者が在籍している業者を必ず選びましょう。
スタッフ情報は、企業のホームページに掲載されていることが多いので、トップページ(サイトマップ)の案内欄等をチェックしてみてください。
また、遺品整理士の資格だけに限らず、各社実績があるのかも非常に重要なポイントになるため、検討材料に入れてみるのがおすすめです。

 

実際にサービスでかかる費用の相場は?

遺品整理業者のサービスを利用した際にかかる費用の相場は、依頼するサービス内容によって変動します。2DK集合住宅で10万円台後半から20万円台が目安となり、家財や荷物の量によっても異なるのでご注意ください。
不要品があれば、事前にリサイクルショップで買取して貰ったりネットオークションで販売したりすると、遺品整理を安く済ませることが可能です。
中には想像以上の価値がつくケースもあるので、一度査定に出すのがおすすめです。
査定時には内容をしっかりと確認し、見積りの段階で納得する金額を付けてもらいましょう。

 

遺品整理業者に依頼するおすすめポイント

現代では、女性の社会進出が進み、外で仕事をする女性の数が増加傾向にあります。
以前のような、嫁1人で遺品整理を終わらせるような時代とは異なり、少人数で作業を行うには大きな負担がかかるでしょう。
けれども、遺品整理業者に依頼をするとメリットがたくさんあるため、遺族の皆様の負担を軽くできます。下記でおすすめするポイントを、選ぶ際の参考にしてみてください。

① 不用品の処分に始まり、ゴミ屋敷の片付けも任せられる

遺品整理業者は、不用品の処分や回収、日用品や家財の仕分け(分別)等、数多くの作業に対応してくれます。基本的にお部屋のリフォーム工事や清掃を中心に行っていますが、ゴミ屋敷の片付けも可能な場合があるのでまずは相談してみてはいかがでしょうか。

また、少ない人数だと家具の運搬が難しい場合もありますが、搬出もすべて業者側が対応してくれるのでご安心ください。

②特殊清掃や供養など、専門的な作業もまとめて対応可能

家族と離れて遠方で暮らしている方は、孤独死の現場に遭遇する可能性があります。
まず故人が賃貸暮らしだった場合は、葬儀後に不動産会社で引っ越し手続きを行いましょう。遺品整理と並行し、親族と相続についての各種手続きも忘れないようにお願いします。

また、状況によって体液や汚物除去、除菌、消臭などの特殊清掃な場合は、遺品整理業者にお任せしましょう。故人が大切にしていた家具他、人形や仏壇などの想い入れが強い物は、供養やお焚き上げも行ってくれるので、まとめて遺品整理を終わらせることができます。

 

まとめ

ご紹介した不安や懸念を少しでも無くすために、このコラムがお役に立つことほど有難いことはありません。遺品整理をする時には、故人もご家族も安心できる誠実なプロの業者に賢く任せましょう。

この記事を書いた人
One's Ending編集部
関東の遺品整理専門会社(株)ワンズライフのメディア編集部です。 遺品整理、生前整理、空家整理に関することから、終活、相続税に関することまで。人生のエンディングにまつわる、役に立つ情報やメッセージをお届けしていきます。
ワンズライフ公式サイトはこちら 無料見積もりはこちら

ワンズライフのサービス

  • 遺品整理
  • 生前整理
  • 空家整理
  • 無料見積り
  • 取材・講演会お問い合わせはこちら

SNSで記事更新や最新情報をチェック!

お役立ち情報を配信 人気記事をもれなくチェック

ワンズライフのサービス

  • 遺品整理
  • 生前整理
  • 空家整理
  • 無料見積り